サンタバーバラの大学周辺情報

US News & World Reportの州立大学ランクで9位として評価される大学があるサンタバーバラ。スペイン調の町並みやビーチが美しいこと、そして温暖な気候から、アメリカ人の間でも人気のリゾート地に選ばれています。サンタバーバラを気に入って引っ越してきている有名人たちも多いそうです。

リゾート地として様々なアトラクションも楽しめる都市ですが、サンタバーバラの大学へ留学するなら、周囲にはどのようなスポットがあるのか、治安はどうなのか気になるところではないでしょうか。そこでここでは、大学生活をさらに充実させる情報をご紹介します。

治安の良さはどうか?

サンディエゴの治安について

銃犯罪のニュースを見るたびに、アメリカは危険な国というイメージがありますが、サンタバーバラは犯罪件数が少ない都市。気候が穏やかで観光地でもあり、アメリカ人の避暑地でもあるため、フレンドリーな人々が多いのが特長です。
ただ場所によっては、大学が密集しているため学生が多く、真夜中までパーティをして騒ぐことも頻繁。犯罪ではないものの、静かに過ごしたいなら、学生が多いところは避けた方が良いでしょう。

生活のしやすさはどう?

サンタバーバラの気候について

1年のうち、300日は晴れだというサンタバーバラ。一年中温暖な気候に恵まれ、夏と冬の気温差が大きく、湿気の多い日本とは違い、カラッと晴れた過ごしやすい環境です。
12月については朝晩の気温差は大きいのですが、それでも天気の良い昼間の時間は薄手のアウターで過ごせるくらい快適。夏の最高気温は27度以上になることもありますが、乾燥していますので、日陰に入れば涼しい感じでクーラーを使わずに過ごせます。

サンタバーバラはカルフォルニアでは珍しく白人の人口率が多い都市。もともとメキシコ人が多く移り住んでいたため、次いでヒスパニックやラテン系、アジア系、先住民という順で構成されています。そのため、公用語は英語とスペイン語でカルフォルニアのなかでは特殊な部類です。

サンタバーバラの交通について

サンタバーバラの主な交通手段は車。但し、車が無い人は主要の公共交通機関でもある「電車」と「バス」を使うことになります。ちなみにサンタバーバラの電車は長距離列車のみですので、街のなかの移動としては使いません。
留学生が生活する上では、バスがおすすめといえます。バスを利用するにはコツがあります。出発時間前にバス停を通過してしまう場合もありますので、発車5分前に行って待つのがベスト。

バスに乗ったら運賃を払います。支払いは現金とパスカードのみ。現金で支払う場合、お釣りが出てこないので注意しましょう。パスカードがあればバス料金を毎回用意する必要がありません。バスを毎日利用するならパスカードの購入をおすすめします。
バスの降り方は、下車したいバス停の手前で座席のまわりにある黄色い線を引っ張ります。バス停に止まったら、正面の入り口から後ろの出口から出ます。但し、後ろの出口はセンサーのある上方に受かって手を振らないと扉が開きませんのでご注意を。

サンタバーバラの留学生に人気のエリアは4つあります。
なかでも人気なのが「ダウンタウン周辺エリア」。このエリアには、学校やビーチ、ショッピング、レストランが全て揃っており、家賃は割高になるものの、どこへでも歩いていけるのでとても便利です。また別荘地は海を一望できるため、景色が良く地価もアップします。逆に中心エリアから離れると低所得者が多く治安がやや低くなるため、家賃は割安に。

逆に住宅街でもある「Upper Stateエリア」は、ダウンタウンまで歩いていける距離ではないため、車がある人におすすめです。タウンタウンと比べると家賃は割安なのに部屋は広め。

サンタバーバラシティカレッジ周辺の住宅街でもある「Mesaエリア」は、ダウンタウンのような騒がしさはなく人気のエリアです。カレッジの周辺にはアパートがたくさんあり、ベランダから学校が見えるほどの距離。丘の上なのでサンタバーバラの海が一望できるアパートもあります。

カルフォリニア州立大学サンタバーバラ校の学生がアパートをシェアし、週末はパーティを楽しむ「Isla Vistaエリア」。ビーチからも近く、多くの学生がサーフィンを楽しんています。アメリカの大学は卒業するのが難しいといわれていますので、様々な誘惑に対して自己管理できない人にはおすすめできません。

留学生活を楽しむ!サンタバーバラの魅力

せっかくサンタバーバラにある大学へ留学するなら、観光客にも人気の場所に行って休日を満喫したいですよね? そこでここでは、サンタバーバラのおすすめスポットいくつかご紹介します。

オールド ミッション サンタバーバラ(Old Mission Santa barbara)

オールド ミッション サンタバーバラ(Old Mission Santa barbara)

1786年に建設されたキリスト教カトリック教会です。
館内には博物館も併設しており、宣教師の活動が分かるようになっています。スペイン人の入植後、地域を支配するためとインディアンの攻撃から守るための要塞としても使われていたそうです。

建物の美しさから「クイーン・オブ・ミッションズ」とも呼ばれ、今でもその美しさを保っています。

スターンズワーフ(Stearns Wharf)

スターンズワーフ(Stearns Wharf)

漁師がその日とれた魚をすぐ近くの港で水揚げし、新鮮なシーフードが味わえるスターンズワーフ。
ハーバーレストランやバー、おみやげ、ロブスターなどの新鮮なシーフードを売っている店などもあり、新鮮なシーフードを求めて訪れる人も多い。

1872年に造られた歴史ある埠頭では美しい景色を楽しめるようです。

サンタバーバラ動物園(Santa Barbara Zoo)

サンタバーバラ動物園(Santa Barbara Zoo)

世界一綺麗な動物園といわれるサンタバーバラ動物園。広大な敷地にゆったりと動物たちが配置されています。
東京ドーム2個分の敷地内には160種、500点の動物たちが展示されており、数年続けて”The Best Family Attraction”としてサンタバーバラの人たちに選ばれています。

またビーチもすぐ近くで海も見えることから、ウェディングを挙げる場所としても、とても人気です。

サンストーン・ビンヤード・アンド・ワイナリー(Sunstone Vineyard & Winery)

サンストーン・ビンヤード・アンド・ワイナリー(Sunstone Vineyard & Winery)

サンタバーバラから北へ行くとサンタイネズという多くのワイナリーがあるエリアがあります。そのなかでもサンストーン・ビンヤード・アンド・ワイナリーは、オーガニック農法で栽培したぶどうを原料にしたワインを作っています。
家族経営の比較的、新しいワイナリーです。しかしサンタバーバラのフリーペーパで、3年間連続”Santa Barbara’s Favorite Red Wine”に選ばれている代表的といっても良いワイナリーのひとつ。

こんなにも楽しめるスポットがあるサンタバーバラへ留学したら勉強だけじゃもったいないですよね。そのほかにも、南カリフォルニアで質の高い「サンタバーバラ美術館」や美しいビーチなど、おすすめのスポットがたくさん。
とっても魅力的な街なので留学生活をさらに満喫するため、観光も楽しみましょう!

ページの先頭へ