MBA取得でキャリアアップ!

MBA取得でキャリアアップ!

就職して実務を積んでいくことで、さらにビジネスについて勉強したいと思うようになったのが留学のきっかけです。
再び学生に戻って、一からやり直すことに不安を感じていましたが、長い目で見ると、英語とMBAを習得しておいた方が有利であると考え、留学を決めました。

渡米後1年間は学校にて英語を猛勉強し、2年目に入ってからMBAの学習をはじめました。

1年コースの授業であったため、授業の準備や復習が大変で、図書館にこもって勉強し続けたこともあります。
英語環境の中で、プレゼン、交渉、チームワークを学ぶことは大変でしたが、逆に日本にいる場合に比べて学習効果は高まったと思います。またプレゼンや交渉の実践を通じて、人前でも堂々と話せるようになりました。

授業以外の活動にも積極的に参加し、ユニオンを立ち上げたり、学内では東日本大震災やニュージーランド地震のための募金活動を熱心に行ったりし、新聞で取り上げられたこともあります。

自分を信じ、情報収集や努力を怠らないこと

卒業間近になってから、東京でキャリアフォーラムが開催されると聞いたので、2週間早く卒業させてもらいました。

フォーラムでは、英語に堪能な人材を募集している企業が多く、希望条件に合うところを見つけることができ、最終面接までスムーズに進み、無事内定を得ることができました。

社内では外国人が多いので、英語でのコミュニケーションは必須です。また、取引先との交渉で、MBAも生かせています。

帰国後に短期間で就職を決めるには、アメリカにいながらも、就職に関する情報収集を怠らないことがポイントです。また、自分がどのような働き方をしたいのか考えることで、帰国後の目標も自然と定まるでしょう。
留学する前は誰もが不安を感じると思いますが、海外で学んだことは貴重な経験となります。自分がやりたいことを見つけ、成功すると信じで努力を続ければ、必ず道は開けると思います。

ページの先頭へ