留学先・大学の選定

日本の大学選びでは良い就職先に就けるよう、志望校はちょっと背伸びをしたところを選ぶ方が多いといいます。アメリカの大学ではそうはいきません。卒業するのが難しいといわれ、平均以下の成績を2回取ってしまうと退学になってしまいます。
大学に入るときだけ頑張る日本とは違い、アメリカでは身の丈に合った大学へ進学し、そこで努力をするのが一般的です。

そこでここでは、アメリカ大学の合否基準や世界的にも有名なアメリカの名門大学へ進学するためのコツをまとめました。カリフォルニア州にある大学を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

アメリカの大学の合否はどのように決まる?

学力的に日本人がアメリカの大学へ入ることは可能です。しかし日本とアメリカでは成績を評価する仕組みが異なります。具体的には、アメリカの大学には日本の大学のような入試も偏差値もありません。それにより、どのようにして合否が決まるのか、疑問に思う方も多いでしょう。

アメリカの大学では、一回の試験の良し悪しではなく、書類審査を通じて、さまざまな観点から一人ひとりを評価し合否を決めます。主な評価の観点は、学校の成績、推薦状、過去の課外活動、テスト、エッセイ、面接です。
この6つの要素すべてが一定水準以上であれば合格する可能性は高くなりますが、必ずしもすべての項目で一定水準以上にある必要はなく、1つでも高く評価された項目があれば合格できることも多いといいます。

世界的にも有名な名門大学への入学を目指すには

世界的にも有名な名門大学への入学を目指すには

先にも紹介した通り、アメリカの大学へ進学するには、エッセイや推薦状、課外活動の記録など、たくさんの書類を準備しなければなりません。また一斉テストも実施していないため、自分のレベルを知ることは難しいといいます。

また大学によっては、州民であることや、レガシー(両親がその大学を卒業している)、人種なども選考基準となるケースも。

とくに州立大学は州民を優先して入学させる傾向にあり、私立大学ではレガシーが優遇。そのため日本からいきなり名門大学へ入学することは難しいというのが現実です。
アメリカの名門大学を狙うのであれば、2年制大学(コミュニティーカレッジ)へ入学し、その後、希望大学への編入をおすすめします。2年制大学のなかには、名門大学への編入率の高いところがたくさんありますので、まずはそのような大学を狙いましょう。

自分に合った留学先や大学を知る方法

アメリカの大学には入学試験というものがなく、書類などから総合的に合否を決めます。とくに日本からアメリカの大学へ進学する際、その学校に見合った能力があるのかどうかを把握しにくいという問題点があります。
また前にも説明したように、大学ごとに優先する条件などを設定していることも多く、その条件について情報収集することも難しい場合も。

自分のレベルや適性、そして自分にあった留学先や大学を知るには、これまで様々な日本の学生を進学させてきた豊富な経験のあるエージェントに相談することをおすすめします。アメリカの大学への留学について実績のあるエージェントは、様々な大学の入学条件を把握しており、一人ひとりの能力や目的に合った大学や進学方法を教えてくれます。

ページの先頭へ