費用・奨学金の申請

アメリカ、カリフォルニア州への大学留学といえば、その授業料はかなり高いと聞きます。どのくらい見立てておいた方が良いのでしょうか? また授業料を安くするためには、奨学金制度を活用すると良いといいますが、どのような種類があるのか、ここで詳しく解説していきます。

カリフォルニア州の大学の授業料はどのくらい?

大学の授業料は地域やレベル、州立であるか私立であるかによって変わってきます。さらに履修科目の単位数によって大きく異なるそう。それではどのくらい見積もっておけばよいのでしょうか?

カリフォルニア州の大学の授業料はどのくらい?

Opendoorの統計によると、アメリカの大学の授業料は年間平均170万円程度。その他にも、専攻によっては実習費用、登録費や学生会費などが必要になる場合があります。
授業料以外にかかる費用としては入学出願料、パスポート・学生ビザの申請費用、住居費・食費・光熱費・電話代などの生活費、交際費、交通費、海外旅行傷害保険料、渡航費なども必要。
これらの経費を合わせると、都市部への大学留学については年間で300~450万円、地方の場合250~350万円になるといいます。

日本の大学へ進学する場合と比較すると、かなり高額といえます。だからといって経済的な理由でアメリカへの大学留学を諦める必要はありません。できるだけ費用を抑えてアメリカの大学へ留学したいなら、各大学で設けている奨学金制度を利用すれば良いのです。

奨学金制度を活用するには

先にも紹介した通り、アメリカの大学へ留学するとなると、かなりの費用がかかります。だからといって経済的な理由で留学を諦める必要はありません。実現するためにそれぞれの大学で用意している留学金制度を活用すれば良いのです。

奨学金制度にはいくつかの種類があります。

一つ目は、学業成績やSATをはじめとする学力テストの結果、優秀であると判断された学生に奨学金を支給する制度があります。アメリカの大学では数多くの奨学金制度がありますが、日本の各自治体でも、優秀で奨学金支給の精神に当てはまる場合、支給してもらえます。

二つ目は、特別優秀でなくとも奨学金を受けられる機会もあります。例えば特定の大学に入学した学生に対して奨学金を支給する制度です。代表的なものは、成績を重視されずに授業料や住居費、食費の援助が受けられる米国スカラーシップ協会の奨学金制度になります。

三つ目は、経済的な支援が必要な場合に支給される奨学金です。奨学金以外にもアルバイトや教育ローンについてのアドバイスを行っており、経済的な問題があっても留学費用が工面できるようサポートしてもらえます。

おすすめの奨学金制度は?

米国大学スカラーシップ協会のホームページ

少しでも安くアメリカの大学へ留学したいとお考えの方におすすめなのが、上記でも紹介した「米国スカラーシップ協会」の奨学金制度です。
通常、奨学金制度については、大学の公式サイトには掲載されていないことが多く、個人で調べることは難しいのが実情。
その点、米国大学スカラーシップ協会はアメリカに本部があり、各大学から奨学金制度に関する情報を集め、日本の留学生が奨学金を受けられるように交渉し、授業料や住居費、食費の一部を支給してくれる大学を紹介しています。

米国スカラーシップ協会で紹介する大学は国際化を目的とする私立大学が中心です。そのため、成績はそれほど重視されず、大学4年間通じて一定の成績を維持することを条件に渡航前であっても奨学金が支給される点が、この制度の最大のメリット。
嬉しいことに、この協会で紹介しているスカラーシップ制度の多くは返済義務のない奨学金です。
「返済義務のない」と聞くと日本ではあまりなじみのない制度ですが、アメリカでは日常的な制度で日本の学生にも適用されることになったといいます。

なお、スカラーシップ協会の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」へ申し込みをするには、各地で開催される奨学金制度や大学についての説明会への参加が必須なようです。
ちなみに留学相談や代行手数料も無料なので、賢くアメリカ留学を実現するために相談してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ