カリフォルニア州のどの大学へ進学したいですか?

アメリカの西海岸に位置するカリフォルニア州。ロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコなど、日本でも有名な都市があり、留学生の受け入れ数も多いと聞きます。そんなカリフォルニア州への大学進学を希望するなら、まずは志望校をどこにするかを決めなくてはいけません。そこでアメリカの総合大学ランキングより、カリフォルニア州の上位校を確認してみましょう。

カリフォルニア州の総合大学ランキング

アメリカで有名な「大学ランキング」。US News & World Reportというメディア会社が毎年、”Best Colleges”を発表しています。発表されるたびに大きな話題となる「大学ランキング」ですが、なかでも世界的にも有名なカリフォルニア州にある総合大学の上位6校について、詳しくみていきましょう。

スタンフォード大学の画像

全米5
スタンフォード大学(私立)

歴史と伝統のある名門大学で、学業ばかりではなく、スポーツでも高い実績を誇っています。少人数制のクラスも多く、きめ細やかな指導を受けられることでも人気。卒業生には有名な政治家や企業家が数多くいます。

カリフォルニア工科大学の画像

全米10
カリフォルニア工科大学(私立)

ロサンゼルス郊外のパサデナ市に広大なキャンパスを構えており、世界最先端の研究を行っています。とくにNASAの技術開発関連のジェット推進研究所を構えていることで知られています。

カリフォルニア大学バークレー校の画像

全米20
カリフォルニア大学バークレー校(公立)

留学生を多数受け入れている大学で、日本人にとって学びやすい環境が整っています。理論と実践を並行して学んでいくことで、短期間のうちに即戦力を身につけることが可能です。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の画像

全米23
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(公立)

UCLAの名で親しまれているアメリカでもトップクラスの大学で、世界でも最上位に位置しています。ロマネスク様式の建物が美しく、医学研究所や図書館が充実していることで知られています。

南カリフォルニア大学

全米23
南カリフォルニア大学(市立)

西海岸ではもっとも古くから存在する私立大学です。映画芸術学部は映像関連の教育において最高峰として知られており、その他、数学や工学においてさまざまな研究実績を残しています。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の画像

全米39
カリフォルニア大学サンディエゴ校(公立)

全米でもトップレベルに位置する学校で、教育水準が高いことで知られています。ノーベル賞受賞者が教鞭をとっているため、ハイレベルの研究を行いたい方が多数入学志願している人気校です。

引用元:US News America’s Best Colleges

カリフォルニア州の名門大学へ進学するには

世界でもトップレベルの名門大学といえば、数多くのエリートを世に輩出しています。このような大学の場合、世界中から入学したいといった希望者が殺到するほど人気。日本人がカリフォルニア州の難関大学へ進学するにはどうすればよいのでしょうか? ここでは、アメリカの名門大学へ入るための方法をまとめてみました。

【1】合否を決める基準を知る

【1】合否を決める基準を知る

アメリカの名門大学は先頭に立って他人を導けるリーダー教育が基本です。そのため偏差値や受験だけで入学が決まってしまう日本の大学とは合否を決める基準も全く異なります。
提出が求められるのは「高校の成績」「エッセイ」「推薦状」「SATスコア」「TOEFLスコア」。これらを総合的に見て判断されることになります。
また成績以外の素質としてスポーツや音楽などの分野で特別な才能があるかどうかも評価されることも。

【2】高校の成績はどうみられているか

【2】高校の成績はどうみられているか

入試においては、成績平均値(GPA)を重視しているアメリカの大学。そのため高校の成績では、全学年のものを提出します。
全学年を通して良い成績であることが求められますが、学年ごとに成績が上がっている場合も努力の姿勢が評価につながることもあります。
逆に学年ごとに成績が下がっている場合は、あまり評価されません。

【3】大学選びの考え方とは

【3】大学選びの考え方とは

日本では将来的な就職を考慮すると、少しでも上の大学へ行きたいと思うのは当たり前ではないでしょうか。
しかしアメリカでは違います。アメリカの大学は卒業するのが難しいといわれ、平均以下の成績を2回取ってしまうと退学になります。
大学に入るときだけ頑張る日本とは違い、アメリカでは身の丈に合った大学へ進学し、そこで努力をするのが一般的です。

【4】現実的な進学方法は?

【4】現実的な進学方法は?

学力的に日本人がアメリカの名門大学へ入ることは可能です。しかし日本とアメリカでは成績を評価する仕組みが異なるため、直接進学するのは至難の業といいます。現実的な方法はアメリカの普通の大学で成績を上げ、そこから名門大学へ編入すること。但し、編入するときの一番のハードルは費用で、経済的な理由で諦めてしまうケースもあるようです。そうならないためにも奨学金制度について理解を深めておきましょう。

奨学金制度を利用するために知っておきたいこと

奨学金制度を利用するために知っておきたいこと

アメリカへの大学留学は、卒業までに有名私立の場合3,960万円、有名州立の場合2,970万円ほどかかるといいます。これは授業料だけではなく生活費や渡航費なども含まれた金額。かなりまとまったお金が必要となりますが、経済的な事情で大学留学を諦める必要はありません。
アメリカの大学では、留学生のために様々な奨学金制度が用意されています。どのような条件で制度を利用できるのかをみていきましょう。

●優秀であると判断された学生
学業成績やSATをはじめとする学力テストの結果、優秀であると判断された学生に支給する制度。

●特定の大学に入学した学生
特定の大学に入学した学生に対して、特別優秀でなくとも授業料や住居費、食費の一部の援助が受けられる制度。

そのほかにも、経済的な支援が必要な場合に支給される奨学金もあります。奨学金を利用した大学留学を検討しているなら、各校のスカラ―シップ制度について詳しくチェックすることをおすすめします。

各校のスカラ―シップ制度について確認する方法

アメリカへの大学留学は先にも紹介した通り、かなりの費用がかかります。そのため、夢を現実にするために利用したいのが、大学留学の費用を抑えられるスカラーシップ制度です。
ただ、スカラーシップ制度を利用するには、入学を希望する大学へ直接訪問し、詳しい話を聞くことが必要となります。これは日本の学生にとって容易にはできそうにもない話。

米国大学スカラーシップ協会のホームページ

そこで活用したいのが、米国大学スカラーシップ協会です。この協会はアメリカに本部があり、奨学金制度の情報を大学から収集したり、授業料や滞在費、食費の50%以上を支給するよう大学へ交渉したりしています。さらに日本の学生へスカラーシップ制度の情報を公開。

嬉しいことに、この協会で紹介しているスカラーシップ制度の多くは返済義務のない奨学金です。「返済義務のない」と聞くと日本ではあまりなじみのない制度ですが、アメリカでは日常的な制度で日本の学生にも適用されることになったといいます。

なお、スカラーシップ協会の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」へ申し込みをするには、各地で開催される奨学金制度や大学についての説明会への参加が必須なようです。

都市別にチェック!カリフォルニアの人気大学とは

アメリカ、カリフォルニア州といえば、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、サンタバーバラ、バークレー、サンノゼといった日本でも有名な都市があります。ディズニーランドやハリウッドもあり、人気の観光地もたくさん。”誰にとっても求める何かがある”といわれ、憧れを抱く人も多い州ではないでしょうか。そんなカリフォルニア州の都市別に人気の大学をまとめてみました。

ロサンゼルスの人気大学

ロサンゼルスの人気大学は?

カリフォルニア州でも最大の都市でもあるロサンゼルス。アメリカ国内でもニューヨークに次ぐ大都市として有名です。世界各地から留学生が訪れるほど名門と呼ばれる大学が数多くあるといいます。なかでも人気なのはどこでしょうか?

サンフランシスコの人気大学

サンフランシスコの人気大学は?

サンフランシスコのシリコンバレーという地区には、Apple社やGoogle社などの世界規模のIT企業が拠点を置いており、Googleの創設者が在籍していた名門大学もあります。そんなサンフランシスコの人気大学はどこでしょうか?

サンディエゴの人気大学

サンディエゴの人気大学は?

カリフォルニア州で2番目に大きな都市のサンディエゴ。美しいビーチがあり、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しめ、学業とともに趣味も楽しみたい方にオススメの街です。そんなサンディエゴの人気大学はどこでしょうか?

このサイトでは、サンタバーバラ、バークレー、サンノゼの人気校もご紹介していますので、カリフォルニア州への大学進学をお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

※このサイトで紹介している情報は、全て個人が集めた情報です。最新の情報につきましては、公式サイトにてご確認ください。

ページの先頭へ